忍者ブログ

KOBALOG

2008.1.1~

NEW ENTRY

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 08/23/15:20

『マン・オン・ワイヤー』とか

先輩芸人さんに勧められた映画を観てきました。

『マン・オン・ワイヤー』
約30年前のNY、ワールドトレードセンタービルの間で綱渡りをした大道芸人がいた。
高度400mでのパフォーマンスに許可など出るわけはなく、すべてがゲリラ的に計画された。
「史上最も美しい犯罪」と呼ばれた事件を追ったドキュメンタリー。

面白かった。
「数々の困難を知恵と勇気で切り抜け、夢を叶えた熱い男たち!」
あらすじだけ聞いてたんですが、↑みたいなのを想像してました(笑)
だいぶ違いましたね。あまり多くを語らない、むしろ静かで詩的な印象。

大道芸人フィリップの求めた刹那的な美しさと、巻き込まれる人々。
そして実現される夢と、それがもたらす変化。

ちょっと切ない感じでしたね。達成感の後に訪れる虚無感とか、その後の人間模様とか。
フィリップと協力者たちの現在の関係なんかも描かれていなかったり。
現場を取り押さえた警官が「一生に一度だ」って言葉を口にするんですが、なんともそれが印象的です。

1485_1239958591_l.jpg








PR

無題

大道芸人さんは気持ちとかわかる部分あると思うし、良い映画ですね(^O^)
私も違った視線からですが見てみたいと思いました!!

  • 2009年07月26日日
  • NONAME
  • 編集

無題

自分も大道芸人だから、とかは実はそんなに無かったですね(笑)
でも一見の価値はあると思います。

  • 2009年07月30日木
  • こばやし
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら